猫と一緒に引越しするときのノウハウ

ネコと移動するときに必要な物・注意点

昔からネコは「家につく動物」といわれますよね。
「引っ越し先から1か月以上かけて元の家に戻ってしまった」なんて話も聞いたことがあります。

 

とはいえ、飼い主が引越しをする時は、ネコも一緒に移動しなければなりません。

 

ですが、ネコにとって、引越は大変ストレスフルな問題です。
ここでは、

  • ネコ2匹の引越を
  • 3回経験した私

が、負担なく引越しを成功させる秘訣を紹介していきます!

 

準備

まずは、必要なものを揃えていくのですが、これは車の有無で方法が変わってきます。

 

車がある方

必要なもの
  • ケージ:車のトランクや後部座席に入るサイズ
  • ネコ用トイレ(屋根つきが好ましい)
  • 座布団

 

ポイント

ケージを用いれば、高速に乗ってもネコに運転を妨害されることがないので安心です。
車は揺れやすいため、体が安定するようにケージ内は狭いほうが良いですよ。

 

また、中にトイレを入れることで、長距離の移動も可能になります。
屋根付きトイレが好ましい理由としては、ネコ砂で車内を汚すことがないからです。

 

ネコが普段から使っている座布団も敷いてあげれば、ネコの安心感がアップです!

 

注意点
  • 猫は車酔いになる可能性がある
  • 移動前に食事を与えない、もしくは少量給与に抑える

車に慣れないネコの負担は大きいので、1時間に1回は車を止め、ネコをケージから出して車内で休ませてあげてください。

 

運転が荒いと車酔いで吐いてしまうこともあります。
そのため、食事は与えない、または少量に抑えることが好ましいです。

 

到着後に、頑張ったごほうびとして好物を与えてください♪

 

車がない方

必要なもの
  • ベビーカーのようなイヌ用キャリー(ふたが閉まるタイプ)
  • キャリーの底にはタオルを引く(ネコが安心しやすい)

猫用のキャリー

 

ポイント

ベビーカーのようなイヌ用キャリーが電車やバスを用いた引越しに便利です。
キャリーの底にタオルなど軟らかいものを敷いてあげるとネコが安心しやすいです。

 

タオルは粗相をしてしまった時のキャリーの汚れ防止にもなります。

 

注意点
  • ネコが鳴くこともあり、周囲に迷惑をかけることも
  • 飲水を控える:トイレがないため、長距離の移動が難しい

車無しの場合は、トイレを持ち歩けない為に長距離移動には不向きです。

 

よく鳴いてしまうネコもいるため、周りに迷惑をかける心配もあります。
しかし私の経験上、驚かれこそすれ、むしろ好意的に受け取っていただけます。
なかには「見せて〜」と話しかけてくださる方々もいるので、安心してくださいね。

 

引越し後

新しい環境に慣れさせるため、ネコが気のすむまま新居の探索をさせ、においをかがせてあげてください。
いきなり留守にしてしまうと、ネコも不安に感じます。

 

新居では、まずは飼い主さんが「家」になって、ネコを安心させてあげてくださいね。

アリさんサカイを半額にする方法