社宅に住むのが限界になった瞬間

社宅住まいが精神的に限界になる

主人と私、そして一歳前の長女は、当時東京都の板橋区にある社宅に住んでおりました。

  • 最寄りの駅は徒歩10分
  • 主人の職場までは30分
  • 徒歩15分圏内に郵便局、スーパー
  • 児童館、ベビーフードなどの子ども用品の売っている衣料品店

などが揃っており、薬局やホームセンターは近場に無かったものの、比較的、便利な立地だったと思います。

 

その上、社宅なので家賃は周辺の平均的な家賃に比べると格安で環境的には、ほとんど文句がありませんでした。

 

ですが、立地には、あまり不便を強いられませんでしたが「社宅の建物」には悪戦苦闘の日々だったのです。

 

オンボロ社宅

築38年のその建物は、元々独身社員がシェアする形で使っていた部屋でした。
現代的に言えば3Kでしたが、部屋は全てきっちりと別れており台所は廊下にシンクが置かれているだけのような簡易的なものでした。

 

脱衣所の無い風呂は打ちっぱなしのコンクリートに、「1人用」と書いてある浴槽が置いてあるだけ。
水はけが異様に悪く排水口の掃除に追われる日々でした。

 

さらには、ベッドの横に冷蔵庫を置くような室内環境の悪さでした。

 

それでも、仕方ないと思っていたのは、主人は元々関西圏で仕事をする職業で、東京に来たのは三年限定の出向だったからです。

 

三年したらまた関西地方に戻されるため、あくまで仮住まいであるその社宅には、多くは求めないようにしていたのです。

 

お風呂場での事件

しかしその環境に私が限界を迎えてしまいました。
ある冬の日、いつもどおりに長女とお風呂に入っていたときのことです。

 

脱衣所が無いため、湯上りの長女はバスチェアに座りガスコンロ横で体を拭く私を待っていました。

 

その社宅のお風呂は打ちっぱなしのコンクリートが、所々捲れているような古さだったので、スノコを敷いて使用していました。

 

隙間風がひどく、十分に温まったはずの長女の体が冷たかったので、着替え終わった私は長女を支えてもう一度湯船で温めることにしました。

 

しっかりと両脇を支えて湯船にゆっくり入れ始めた途端、足元のスノコが大きな音を立て滑り、バランスを崩した私は胸部を浴槽で打ち付けると共に娘を支えていた手を離してしまったのです。

 

一瞬の息苦しさと、お湯を張った浴槽に沈んでいく娘の姿は三年経った今でも忘れることが出来ません。

 

お風呂場での焦った事故

 

打ったのが胸だったので、急いで長女を引き上げることが出来たものの、もしこれが頭を打って意識が飛んだりでもしたら…
と思うとガタガタと震えが止まりませんでした。

 

長女に異変が無いことを確認してから、私は仕事中であるにも関わらず主人に電話をしました。
「脱衣所があれば、隙間風が入らなければ、スノコを敷くような風呂でなければこんなことはなかった、次はもっと危ないことになるかもしれない、娘が可愛いならもっとマシなところに住ませて!」と泣き喚きました。

 

築38年から新築へ

三年間の出向は残り一年半となっていましたが、主人は翌日には空きのある社宅の候補を持って来てくれました。
三件候補がありましが、全て新築でした。

 

残り一年半とは言え「やはり不便なところよりは便利なところだよね」と武蔵野市の社宅を申し込むことにしました。
入居許可が出たときは心からガッツポーズをしたものです。

 

こうして、待ち望んだ引越しが決まり、浮かれた引越し作業が幕を開けることとなったのです。

 

二社での値下げ合戦

社宅からの引越しをすることが決まり、一番最初にしたことが業者の選択でした。

 

複数社から見積もりを取って競合させるという手を耳にしたことはありますが、私たち夫婦は若干短気なところがあり「何社も自宅に招いて同じような話を聞く」というのは苦痛に感じられました。

 

その為、最初から二社に絞って考えることとしました。
それがアリさんとサカイさんです。

 

アリさんマークの引越社

まず最初に候補に挙げたのは「アリさんマークの引越社」でした。

 

私たちは元々愛知県に居住しており、主人の仕事の都合で東京へと出て来ました。
その引越しの際に利用したのがアリさんで、その時にとても良い印象を持ったので、再び第一候補として挙がったのです。

 

サカイ引越センター

次に候補に挙がったのが、パンダさんマークのサカイ引越センターでした。
こちらは主人の知人が引越しした際に利用して、一番値引き幅が大きかったと聞いたためです。

 

この二社で見積もりを取ってみて、安い方にしましょうと予算を10万円に設定しました。

 

アリさんから見積もり開始

まず見積もりに来てくれたのはアリさん。
以前、愛知から来るときに利用したので「サービスして下さいね〜」と見積もり前に一言添えたところ、予算を大きく下回る8万5千円を提示してくれました。

 

値下げ合戦の開始

 

その地点で面倒くさがりの私は「もうここでいいんじゃない?」と思ったほどです。
なぜかと言うと、隣の部屋の人が、同じ時期に大体同じ距離の社宅に移ることになっていたのですが、競合無しで某大手さんにお願いしたところ19万で契約したと聞いたばかりだったからです。

 

そして更に隣の部屋からも同じ社宅に移る人がいたのですが、そちらは三社競合の結果12万で契約したとの情報。
どう考えても8万5千円は安いのです。

 

続いてサカイさん

しかし主人曰く「これなら競合すれば7万で行ける!」とのことでその日のうちにサカイさんに来てもらいました。
サカイさんには引越社さんの見積もりを見せ、単刀直入に「これより安くできますか?」と聞きました。

 

結果、こちらの見積もりは7万5千円。
もう私の心は「決定!」だったのですが主人はその場でアリさんの担当に電話をし、値段を7万円にさせました。

 

値引きに慣れていない私としては「ひどい話だ…」と思ったのですが、当然サカイさんは6万5千円に値下げ。
すると次はアリさんが6万円に値下げ、と値下げ合戦が5千円単位で繰り広げられることとなりました。

 

値下げ合戦の末に・・・

最終的に、サカイ引越センターさんが4万円という破格の値段を提示したところ、アリさんが降参したため、サカイ引越センターに決定となりました。

 

代わりにサカイさんから条件がひとつ。
主人は職業柄、引越しをする知人が多いです。

 

引越しを控えている人には「ぜひサカイさんを勧めて欲しい」ということでした。
もちろん私は二つ返事だったのですが、主人は「この値段でも、人に勧められる仕事をしてくれるならいいですよ」と手抜きは許さないという発言。
頼もしいやら若干怖いやら。

 

しかしおかげで予算の半分以下で新居へ入れることになりました。
やはり何社かで競合させることは大事ですね。

 

見積もり取ると粗品もいただけます。
ちなみにサカイさんからはお米をいただきました。

アリさんサカイを半額にする方法