乳児による妨害作業

乳児と一緒の引越し作業(Vol1-3)

引越し当日、長女はちょうど一歳の誕生日でした。

 

同い年の子どもを持つママ友たちが、初誕生日を競うように豪勢にしてあげる中、「引越しが忙しいので、何もしてあげられないなあ」と少し申し訳なく思ったことを覚えています。

 

私にとっても初めての準備

業社を決めてから引越し当日までは三週間ほどありました。
私は、一度引越しはしているものの、その当時は妊娠初期でまるで手伝うことができなかったため、実質初のお引越し準備でした。

 

とにかく「必要の無い物から詰めておいてくれ」と主人に頼まれてまずは本棚に手をつけました。

 

本棚からスタート

私も主人も本は良く読む方なので、大きな本棚には小説からコミックスから参考書などがびっしりと入っています。

 

本は三週間読まなくても困らないのだから、端から全部入れてしまえ、と詰め込みを始めました。

 

布団など

本の次は使っていない布団、写真立てなどの装飾品に手をつけました。

 

乳児による妨害作業が始まる

「案外余裕で出来るかな?」と思っていたのですが、長女が次々と妨害作業に出てくれました。

 

1歳時による妨害作業

 

本を詰めれば詰めた先から引っ張り出してはカバーと中身をバラバラにさせたり、布団をたたみ直しているところにダイブしてきて退かなかったり。

 

「起きている間の作業は無理かな」と寝ている時間を狙っても、すぐに昼寝から目覚めてしまったり夜泣きをしたり…

 

とにかく「娘がいなければもっと進んでいるのに!」と思うことが何度もありました。

 

「子どもに邪魔されて、準備がちっとも進まないの」、と児童館の先生に愚痴ってみたところ、同じような経験を持つママさんは大勢いたようで、「一時保育に一日預けちゃって作業してる人もいるのよ」と教えてもらいました。

 

その当時は一時保育に少々抵抗があったため、難色を示して終わってしまいましたが、今となればその方法が一番効率的だった気がします。

 

結局、前日になっても準備は終わらず

結局、三週間も経過したものの、準備の進み具合は50%程度。

 

引越しは金曜日だったのですが、木曜日に帰宅した主人が思わず深々とため息をもらすほどに、支度は整っていなかったように思えます。

 

私が不慣れだったこともあると思うのですが、前日になって、

  • あれも終わってない
  • これも終わっていない

と次々やるべきことが出てきてしまい、翌日8時からの作業に間に合うべく、深夜3時まで作業が続くことになりました。

 

準備が進まなかった原因

これは「前日でも無いと不便かな?」というもの、例えば子どものおもちゃや調味料など、を残し過ぎたのが問題でした。

 

今振り返ってみれば、子供のおもちゃなんて絶対不可欠なものでもありませんし、調味料は引越し前二日は料理しなかったので、もっと早くに梱包出来たはずです。

 

最後、部屋中を拭き掃除している時間は、夫婦そろって眠気で無言でした。
娘は空気を読んだかのように、その日だけは夜泣きしないで朝まで眠ってくれたのが救いでした。
次は「転居はがきは覚えているうちに出す」です。

アリさんサカイを半額にする方法