アリさん・サカイさんの体験談

体験談 記事一覧

提携のエアコン取り付け業者が使えない

【我が家が利用した業者さん】引越し:アリさんマークの引越社エアコン:アリさん提携の業者さんアリさんの作業員さん達の仕事にほれぼれして、気持ちよく終わるかと思った引越しでしたが…落とし穴は、ここからでした。エアコン業者が来たアリさんの作業が終わった翌日、エアコン業者がきました。真夏なので「一刻も早くエ...

続きを読む

社宅住まいが精神的に限界になる(Vol1-1)

主人と私、そして一歳前の長女は、当時東京都の板橋区にある社宅に住んでおりました。最寄りの駅は徒歩10分主人の職場までは30分徒歩15分圏内に郵便局、スーパー児童館、ベビーフードなどの子ども用品の売っている衣料品店などが揃っており、薬局やホームセンターは近場に無かったものの、比較的、便利な立地だったと...

続きを読む

二社での値下げ合戦(Vol1-2)

社宅からの引越しをすることが決まり、一番最初にしたことが業者の選択でした。複数社から見積もりを取って競合させるという手を耳にしたことはありますが、私たち夫婦は若干短気なところがあり「何社も自宅に招いて同じような話を聞く」というのは苦痛に感じられました。その為、最初から二社に絞って考えることとしました...

続きを読む

乳児と一緒の引越し作業(Vol1-3)

引越し当日、長女はちょうど一歳の誕生日でした。同い年の子どもを持つママ友たちが、初誕生日を競うように豪勢にしてあげる中、「引越しが忙しいので、何もしてあげられないなあ」と少し申し訳なく思ったことを覚えています。私にとっても初めての準備業社を決めてから引越し当日までは三週間ほどありました。私は、一度引...

続きを読む

転居はがきは覚えているうちに出す(Vol1-4)

転居ハガキとは、言うまでもなく「引越ししたことをお知らせるために出すハガキ」です。「遅くとも一ヶ月以内には出しましょう」とマナーサイトなどには書かれています。私は当然、転居ハガキというものを作るつもりでいました。いわゆる私のママ友などは、何なら携帯のメールで住所を教えるくらいは簡単ですが、主人の仕事...

続きを読む

自治会役員の引き継ぎ(Vol1-5)

私たち夫婦が住んでいた社宅は、一つの敷地に、同じ会社の社宅が4棟同じ系列の違う会社の社宅が2棟という若干面倒くさい造りとなっておりました。その中で自治会役員という肩書きだけ立派な役員は、1棟に1人、半年ごとに交代制でした。しかし皆が順番に持ち回るというわけでなく、出来る人がやるというシステムだったた...

続きを読む

子育ての為に引越しをする家庭は多い(Vol1-6)

私たち夫婦が住んでいた社宅は築38年、その古さを表すのに私はよく「廃屋のようだ」と言っていました。全部で4棟建物があったのですが、同じ棟に同じ歳の赤ちゃんを持つ家庭が、我が家以外に2軒ありました。その古いけど安い社宅は、入った当時はそれほど不満もありませんでした。しかし子どもが産まれて大きくなってく...

続きを読む

荷解きの時の実母のアドバイス(Vol1-7)

一般家庭の引越し作業で大変なのは、荷造りそして荷解きだと私は思います。私は基本的にやりたくないことを後回しにしてしまうタイプなので、前回妊婦時代に引越しをしたときは、新居で最後の荷物を片付けるまでに四ヶ月もかかってしまいました。そのときは「お腹が張って長時間片付けしていられないから…」と言い訳をして...

続きを読む

新築の新居(社宅)の良かった点・悪かった点(Vol1-8)

私たち家族が新たに入居した社宅は「200世帯」を超える、大変に大きな建物でした。さらに、新築で入居募集を始めたばかりだったので、私たちが引越した1月は、1フロア1世帯しか入っていないくらい空室ばかりのさみしい状態でした。挨拶する人もいないお引越した後に、「落ち着いたらやること」と言えば、ご近所へのご...

続きを読む

過去2回の引越で買ったもの捨てたもの(Vol1-9)

私たち夫婦の引越しは、これまで2回の経験があります。地元の新築2LDKメゾネットアパートから、23区内の3K社宅へ社宅から郊外の新築3LDK社宅へそれぞれ間取りが変わった為に、新たに買った物、そして捨てた物があります。参考までにそれらを紹介していきます。一度目の引越しで買ったもの私たちは結婚して、メ...

続きを読む