家電リサイクル料と粗大ゴミの費用

廃棄にリサイクル料が必要な家電と粗大ゴミへの対応

引越しの時に新居に持っていかずに捨ててしまいたい家電や家具が出てくると思いますが、最近は廃棄するだけでもお金がかかってしまいます。

 

廃棄したい家電

 

処分の仕方には、

  • リサイクル料がかかる家電(1個数千円)
  • それ以外の粗大ゴミ(1個数百円)

の2種類に分かれますので、まずはこの違いを理解しましょう!

 

そして、引越し業者との交渉次第では、これらの費用が無料になったり安くなったりするので、訪問見積もりの前に頭に入れておくと非常に有利になります。

 

家電リサイクル料

まず、家電リサイクル料が必要なものは以下のモノです。

  • テレビ
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機、乾燥機
  • エアコン
  • パソコン

 

これらは、下記で説明しているお役所の「有料の粗大ゴミ回収」でも処分できないモノなので、

  1. 引越し業者に回収してもらう
  2. 量販店に持ち込む
  3. 家電回収業者にお願いする

という3つの選択肢しかありません。

 

どの方法でも「家電リサイクル料」として数千円の費用がかかってしまいます。

 

裏ワザ的に支払いを回避

この家電リサイクル料を安く済ませる方法としては、引越し見積もりの前には何もせず、自分で処分してしまわないというところがポイントです。

 

実はアリさんやサカイを始め多くの引越し業者は、最初の見積もりでは、これらの家電リサイクル料を加算するのですが、値下げ交渉をしているうちに、こららの費用が結局ウヤムヤになってしまうことがよくあるのです。

 

つまり実質「無料」です。

 

私の場合もブラウン管テレビを無料で処分してもらうことに成功しました。
本来家電リサイクル料にかかるはずだった約3000円分の値引きですね。

 

ただし、エアコンのように取り外し作業が必要な場合は、費用がかかってしまうのは避けられないところです。

 

なので、まずは引越し業者が訪問見積もりに来た時に廃棄のことを相談して、断られてしまったモノに関しては、後日に処分するのが良い方法だと思います。

 

有料の粗大ゴミ回収

次に「粗大ゴミ」として役所に有料で回収してもらう必要があるものは、上記以外の大きな家電や家具です。

 

例えば、

  • ビデオ
  • ストーブ
  • 電子レンジ
  • ガスコンロ
  • 扇風機
  • 自転車
  • ふとん、ベッド
  • スノーボード

などがあります。

 

これらは資源ゴミの日に捨ててしまっては周囲に迷惑がかかるところなので、1個数百円のお金を払って「粗大ゴミ」として正しい手順で処分する必要があります。

 

しかし、家電リサイクル料の時と同じように、引越し業者との交渉次第で、これらも無料で処分してくれることがありますので、まずは訪問見積もりの時に相談してみましょう!

 

私の場合は、網戸と小さな家電を2個ほど無料で処分してもらうことに成功しました。

 

これらの裏技を使えば、単身で家電が少ない人で1万円、多い家族で2〜3万円は節約になると思います。

 

粗大ゴミの捨て方

業者に断られてしまったものに関しては、お住まいのお役所のホームページを見て、決められた粗大ゴミ回収手順に沿って処分するしかないですね。

 

基本的には、どの自治体でも、

  1. 役所に電話して捨てるモノと日付を報告
  2. 近くのスーパー等で「有料粗大ゴミ処理券」を購入
  3. 約束した日に家の前のゴミ捨て場に出しておく

という流れになります。

アリさんサカイを半額にする方法