訪問見積もりの前に確認すべきこと

見積りの事前チェックポイント(荷物・費用の目安)

見積もりを行う前にチェックしておいて欲しいポイントは4つあります。

  1. 引っ越す荷物に漏れ・抜けがないか?
  2. エアコンのように取り外しと取り付けに別途費用のかかるモノの把握
  3. 捨てるのにお金がかかる家電や家具の把握
  4. 引越し業者に支払える予算

事前チェック

 

これらをしっかりと把握しておかないと、営業マンが訪問見積もりに来た時に、どんどんと計算外の料金が加算されていってしまい、値引き交渉も後手後手になり、結局は全体的な費用が安くなりません。

 

逆に、しっかりと把握しておくと、正確な引越し価格の目安を計算することができますし、当サイトを参考にして費用を抑えるための対策を考えることができます。

 

ぜひ一度、営業マンが訪問見積もりに来る前に家全体の整理をして、上記3点を確認しておきましょう!

 

(1)引っ越す荷物の漏れ、抜け

見積もり時に荷物の漏れがあると、当日にトラックに入りきらなかったりして、後付けの配送や処分に別途費用がかかる可能性があります。

 

家族引越しの場合はトラックのサイズにゆとりを持たせますが、単身の場合はギリギリで積んでいくことも多いので特に気をつける必要があります。

 

特に漏れてしまいがちな荷物は、

  • 押入れやクローゼットの奥に入っているもの:ストーブ、こたつ、扇風機、スーツケース、人形ケース、ゴルフバッグ
  • 家の中に無く庭や玄関の外に置いてあるもの:自転車、盆栽、庭にある遊具、物干し竿、ベビーカー
  • 屋根裏部屋や庭先に置いてある物置、

です。

 

荷物の抜け漏れを防ぐ方法

それは訪問見積もりに営業さんが来る前に、必ず家の中全体を自分の足で確認しながら、メモを取ることです。

 

まずこれをやらないと、営業の方が訪問見積もりに来た時に、

  • これはどうしますか?
  • 新居に持っていきますか?
  • 捨てますか?

という質問に即決で答えられません。
多くの方が、モノを捨てられない傾向にありますので迷ってしまうのですね。

 

なので、あらかじめ自分で家の中にある全ての荷物に関して、

  • 持っていく
  • 捨てる

という判断をしておく必要があります。
それをしておかないと訪問見積もりに、大変な時間がかかってしまうことになります。

 

家族にも協力をお願いしよう!

大きなお子様がいるご家庭ですと、子供の部屋の中までは把握が難しくなってきていると思います。

 

ですから、お子さんの部屋の中にあるものは、お子さんからきちんと情報収集しておかないといけません。

 

営業の方が訪問見積もりにやってきた時には、当然ながらお子さんの部屋の中まで入って見積もりを行います。

 

その際に「この荷物はどうしますか?」と聞かれた時に答えられないと、正確な見積もりを出すことができません。

 

なので、訪問見積もり対応をする方は、抜け漏れを防ぐ為に家中の荷物を把握しておく必要があるのです!

 

(2)引越しに別途費用がかかるモノ

引越し料金が高くなってしまう原因のひとつがエアコンなどの特別なモノの移動です。

これらはアリさんやサカイに関しても、取り外しと取り付けを専門業者に委託するので「外注費」という形になります。

 

この外注費は、引越し業者も値引きできないところなので、どうしても新居に持っていきたいモノ以外は、売却や廃棄するなどの対策を考える必要があります。

 

廃棄するのも基本有料ですが、新居まで持っていくよりは安く済みます。
次の(3)も参考にしてください!

 

(3)捨てるのにお金がかかるもの

引越しの際に捨ててしまいたい家電や家具も出てくると思いますが、廃棄するためには「家電リサイクル料(1個数千円)」や「粗大ゴミ回収費用(1個数百円)」が、基本的に必要になってきます。

 

家電リサイクル料が必要になるのは以下です。

  • テレビ
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機、乾燥機
  • エアコン
  • パソコン

そして上記以外の大きな家電・家具は「粗大ゴミ」扱いとお考えください。

 

これらの処分費用は引越しの見積もり価格に、どんどんと加算されていってしまうので、引越料金を安くするためには事前対策が必要となる大事なところです。

 

事前対策をしておけば、実は引越し業者との交渉次第で無料や大幅に安くできるところでもあるので、詳しくは「廃棄にリサイクル料がかかる家電」と「粗大ゴミ」への対応を見て対策を考えましょう!

 

(4)引越し業者に支払える予算

最後は引越し業者に支払える最大の予算を、自分の頭の中で整理しておくことです。

 

例えば、「4人家族での引越しで予算は10万円まで」と決めていたとしましょう。

 

ところが訪問見積もりを終えた営業の方から、「12万円でどうでしょうか?」と言われたら、そこは、

  • 10万円までしか支払えませんので、もう少し値下げしてもらえませんか?
  • それなら他の業者をあたってみます

というような応対ができますよね。

 

ですが、自分の中での最大予算を決めておかないと、「12万円?まぁ仕方ないのかな。」という風に流されてしまうのです。

 

ですから、訪問見積もりの前に、きちんと予算を決めておきましょう。
また、もし予算を下回る見積額を提案されたとしても、そこからさらに値下げできる可能性もあるので、必ず値下げ交渉は行うようにしてください!

アリさんサカイを半額にする方法